2020/11/25

コロナを理由にしたボーナスカット絶対反対! 団体交渉速報 広大生協労組

 

冬期一時金カット絶対反対! 2.6ヶ月→1.0ヶ月) 


11/2011/24団体交渉速報 


嘱託職員は一時金込みでやっと生活できるのに!

   特定業務嘱託職員の基本給は正規職員の60%です。裏面の表(下に掲載)は、年間労働時間を1750時間 として時給換算した表です。これを見ると60%の場合、12号俸30歳まで最低賃金以下、28 46歳まで準職員の時給以下です。一時金を足してようやく生活できる賃金です。1.6ヶ月の 一時金カットは、ただでさえ低賃金の嘱託職員の生活を直撃します。80%でようやく基本給 1号俸が最低賃金をクリアします。この間、嘱託職員の賃金差別(60%の人と90%の人の 根拠は未だ示されていない)が問題になっていますが、早急に解決すべき課題であり先送り することは許されません。

   団交では嘱託職員の一時金のカットについて「(支給日12/4に間に合う)11月末ギリギ リまで考えたい」という回答を得ました。大変な時だからこそ生活給維持を基本に対応すべきです。正規職員も一時金でようやく生活できる賃金であることに変わりありません。団結して一時金カット反対で闘いましょう! 



事業連合の冬期一時金は0.7ヶ月カットなのになぜ?    

 中四国事業連合の冬期一時金は0.7ヶ月カット(2.7ヶ月→2.0ヶ月)だそうです。事業連合 の経営は単協の事業活動によって成り立っています。一時金カットより大幅なカットはどう いうことでしょうか? 単協の一時金をカットするとしても、0.7ヶ月以下でないと納得でき ないのは当然です。吉山前専務は事業連合に移籍して責任のがれですか? 


大学にも支援を要請すべきではないか? 

  大学の福利厚生ですから当然大学が責任を果すべきです。この間、生協が設備を負担した り、4,000万円もの寄付をしたりしてきました。大学に支援を要請すべきです。コロナ対策の 物品(食堂テーブルの仕切りとか)は支援を要請しているとのことです。一時金カットの分も要請したらどうでしょうか。大資本ばかり救済する政府のやり方も問題です。みんなの力で変えさせていきましょう。 

Kamonケーブル労組 労働組合の力で社長退陣の大勝利!



Kamonケーブル労働組合は10月28日に行った団体交渉の結果12月いっぱいでの社長の退陣を勝ち取りました。以下は機関紙「結束」に掲載された労組の声明です。


・KAMONケーブルテレビ労働組合を結成
・第1回団体交渉を開催!
・社長の退任時期を当初来年3月末から年内いっぱいに勝ち取る!! 

 2020 年 9 月 27 日、株式会社東広島ケーブルメディアにKAMONケーブルテレビ労働組合を結成しました。

 2017 年 11 月に経営改善の為として現会長か招聘した社長は、社員僅か 10 人の組織を縦割りに分断し、結果、社内を混乱に陥れました。更に社長は 1 期 2 年間取り組んだ事業は全て失敗したにもかかわらず、毎月 150 万円という高額報酬をもらい続けました。

 現場を無視した施策を次々と強行し、失敗を繰り返しても検証は全くせず、事業の柱の一つであるコミュニティチャンネルの放送は見ようともしませんでした。責任をとらない社長、それを認める経営陣に対して「このままではやっていけない!」と我々は労働組合を結成して、まともに働ける職場にしようと立ち上がったのです。

 10 月 14 日には経営陣に対して労働組合結成を通告し、5 項目の要求書を提出して団体交渉を申し込みました。10 月 28 日には第 1 回団体交渉を開催し、経営陣は会長と社長が出席。1. 経営責任の明確化、2. 社長に対する年間 1,800 万円もの報酬の根拠の明確化、3. パワハラに対する会社の方針の明確化などを求め、経営代表者の辞任を要求しました。

 交渉の冒頭、会長から「社長は来年 3 月までと考えている」と発言がありました。その上で経営側は、施策が失敗したのは社長の責任ではないと主張しましたが、団交のやり取りの中で、何年も何十年も現場で働き、地域との関係を地道に作ってきた現場の労働者の意見を一切聞かず、社長の独断で様々な施策を強行し失敗してきたことを改めて明らかにしました。その点を追及された社長は「失敗したので、施策はそこでやめました」と失敗した原因を振り返ることもできず居直りました。

 ところが、数日後の119日、朝礼で社長の退任時期は当初予定から大幅に早まって「年内いっぱい」とする発表がありました。これは現場が団結して要求した力であり、労働組合の力です。力を合わせれば職場を変えられることを証明しました。

今回の第1回団体交渉の席で、経営者は今後、従業員の意見をきちんと聞いて進めていくことを約束しました。我々労働組合は、今後も団結して労働者の生活と労働条件を守り、働きやすい職場環境にしていくことを目指して頑張ります。

2020/11/18

コンビニ各社に申し入れ、独禁法違反やめろ

 


 11月16日と17日に、コンビニ関連ユニオンと賛同するオーナーが共同して、コンビニチェーン本部に対する要請行動を行いました。広島連帯ユニオンも、広島市に本社をおくポプラに対して、統一要求書の提出行動を行いました。北海道でもセコマに対して提出行動が行われました。

 9月2日に公正取引委員会が、「24時間年中無休営業の強制は独占禁止法違反になりうる」などの報告書をまとめました。コンビニ各社は、11月末までに自主的是正を行なうことが求められています。コンビニ関連ユニオンは、是正にあたってコンビニ各社に8項目の要求を提出しました。

 ポプラ本社は、玄関先でピリピリした対応で「回答はしないと思う」ということでしたが、統一要求書を読み上げ担当者に手渡しました。

 第1日目は、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン各本社に対して、第2日目はミニストップ、デイリーヤマザキ、コミュニティストア、さらに日本フランチャイズチェーン協会に対すして、要請行動が行われました。セブンイレブン東大阪南上小阪店・松本実敏オーナーもマイクを手にアピールされました。

コンビニ関連ユニオンのサイトへ

パンフレット『なくしていこう!コンビニの独禁法違反』

2020/11/03

11・1全国労働者総決起集会に参加

 

11月1日、東京・日比谷野外音楽堂で開催された11・1全国労働者総決起集会&改憲・戦争阻止1万人大行進に広島連帯ユニオンも大勢で参加しました。

戦後最大の労組弾圧とたたかう関西生コン支部、コロナを口実にした「経営のダウンサイジング」とたたかう動労千葉をはじめとしたJRの労働組合、社会福祉としての医療を取り戻すとストライキで闘った船橋二和病院労組、大阪都構想を阻止するためにたたかう関西の自治体労働者や全国金属機械労組港合同などたたかう労働組合が発言。

後半の改憲・戦争阻止の集会では8・6ヒロシマ大行動事務局長としてユニオンの宮原委員長が発言しました。



集会終了後銀座をデモ。菅はやめろ、コロナ解雇許すなの声を上げました。右翼を使って挑発し、揉み合いになったところを警察が1名の青年を不当にも逮捕。許せません。

集会ではたたかう労働組合の全国ネットワークをこの1年間の実践の中で作ろうということが「今ならできる」(動労千葉・関委員長)として改めて呼びかけられました。この呼びかけに応え、広島連帯ユニオンも広島の地で労働運動の復権のために奮闘していきたいと思います。


11・1全国労働者総決起集会についてさらに詳しくは

https://doro-chiba.org/2020/10/29/post-18272/

(動労千葉のサイト)



2020/10/30

東広島ケーブルメディア(Kamonケーブル)で労組結成 第1回団交を開催!



(写真)Kamonケーブル労組結成大会へのお祝いの花束をユニオン本部より贈呈

2020年9月27日、東広島市に本拠を置き東広島地域にケーブルテレビ放送を提供する東広島ケーブルメディア(通称Kamonケーブル)に労働組合が結成されました。

2年前に経営改善のためとして現会長が連れてきた社長は月に150万円もの報酬を受け取っていながら、やったことは労働者どうしを縦割りに分断しこれまで協力しあっていた職場を分断。さらに現場を無視した施策を次々に強行して失敗を繰り返してきました。責任を取らない社長、それを認める経営陣に対して「このままではやっていけない!」と労働者が立ち上がりました。

今年5月、職場で経営責任の追求・経営者の退陣を求める嘆願書には職場の大半の労働者が署名。経営者に突き付けられました。しかし社長も会長も経営責任から逃亡し続けるばかり。これに対してついに労働組合を結成してまともに働ける職場にするべく立ち上がったのです。

10月28日、第1回の団体交渉が開催されました。経営側に対して①経営責任の明確化、②社長に対する年間1800万円もの報酬の根拠の明確化、③社長のパワハラに対する会社の方針の明確化などを求め、経営代表者の辞任を要求。

会社側は施策が失敗したのは社長の責任ではないと居直りましたが、団交のやり取りの中で、何年も何十年も現場で働き、地域との関係を地道に作ってきた現場の労働者の意見を一切聞かず、社長の独断で様々な施策を強行し失敗してきたことが赤裸々に暴露されました。その点を追求されると社長は「失敗したので、施策はそこでやめました」となぜ失敗したのか振り返ることもできず居直る有様でした。団交の場では今後は従業員の意見をきちんと聞いて進めていくことを約束させましたが、組合の監視のもとで進めていく必要があります。

今後とも労働組合のもとで団結して労働者の生活と労働条件を守り、働きやすい職場にしていくことをめざして頑張ることを確認して記念すべき第1回の団交を終えました。

 

学生アルバイトにも休業手当を! ボーナスカット絶対反対! 広大生協労組


一時金減額絶対反対! 
コロナ休業手当100%支給の継続を! 
学生アルバイトも休業手当の対象だ!


学生アルバイトにも休業手当を支払え! 

 学生アルバイトに対して、第3タームからの休業手当について、「閉店のためシフトを作る必要がなくなったので指示休もない、たから休業手当も支払わない」という対応が行われているようです。そもそも労働基準法の定めでは、事業所の都合で休ませる場合に平均賃金の60%以上の休業手当を支払う必要があります。シフトがなくなるからこそ休業手当が支払われるのではないですか?  


 この件については929日の団体交渉で問題にし ましたが、このような勝手なことが行われているのに、広大生協理事会は掌握もできていない状態で す。どう対応すべきかもしどろもどろで、契約書通りに払うと言ってみたり、よくわからないと言ってみたりでまともな答えはありません。こんなデタラ メはありません。団結して休業手当を要求していき ましょう。


 11月以降も100%の休業手当 を!公平な休業指示を!   

 すでに回覧等でご存知のとおり、広大生協理事会は、コロナ休業にともなう休業手当を「政府の特別措置がなくなったら60%支給にすることを条件に 100%支給を継続する」と脅してきています。特別措置が無くなると休業計画を作成する必要がありま すが、休業計画を提示せずに協定を結べというのは無理があります。まず公平な休業計画を提示すべき です。それもせずに60%支給を提案するのは無責任です。  

 労働者代表からの回覧では「出勤している人と休業指示により休んでいるのと人の不公平さがあるため、6割の支給にしてほしい」という声が、一部の人から寄せられているそうです。責任は、公平な休業指示を出せていない理事会の側にあります。団体交渉でも問題になりましたが、「公平にすべきと思うが十分にできていないので申し訳ない」という回答でした。100%支給の無条件継続を求めていきましょう。

   同時に、政府への特別措置の継続要求、大学当局への補償要求などを求めていきましょう。


冬期一時金減額は絶対反対!    

 冬期一時金も2.6ヶ月から1.0ヶ月という大幅な減額が提案されています。一時金の減額は、広大統合移転の過程で3億円の赤字を抱えていた時も無かったことです。剰余が出て一時金が増えることはあっても減ることは無かったのです。理事会は経営危機をあおっていますが、団体交渉では直ちに資金繰りが問題になるレベルではないと回答しています。つまり、倒産するような状態ではないということです。  

 コロナを利用して合理化・労働強化を進めようとしています。絶対反対で闘いましょう。私たちが生きていけない現実を突きつけられている一方で、政府は莫大な税金や年金財源まで株に注ぎ込んで金持ちばかり優遇しています。こんな状況は根本から変えましょう。今こそみんなが一緒に闘う労働組合が必要です。ともに闘いましょう! 


要求書を出しました!ストライキ権を確立して闘おう!


(1)休業手当について、新型コロナ感染症への対応期間は100%支給を継続すること。 

(2)冬期一時金について、規程通り2.6ヶ月の支給を求める。 

(3)年次有給休暇について、持ち越しを1年延期すること。 

2020/09/24

第33回定期大会を開催

 



9月19日、広島連帯ユニオン第33回定期大会を開催しました。

執行部から昨年新しい執行部体制となってからの1年間のたたかいを総括し、大量解雇・大量倒産情勢にどう立ち向かうのか、すべての職場に労働組合をつくり、職場闘争をたたかおうという方針を提起し、討論が行われました。

特に、この数年間の争議をめぐる総括をめぐっては率直な意見が出され、討論を通じてユニオン運動の課題を明確にすることができたと思います。

高陽第一診療所労組からパワハラ問題での取り組みの報告や、新たな組合結成に向けた取り組みの報告がなされました。

終了後、お弁当で(コロナ対策のため)交流会を行い、組合員の親睦を深めました。