2021/02/28

コロナ下の医療福祉労働者のたたかいをメインテーマに21春闘集会開催


2月13日広島連帯ユニオンは21春闘集会を開催しました。

今回はコロナ下で最大の矛盾が集中している医療福祉労働者をクローズアップして「医療崩壊の本当の原因は何か? 医療福祉労働者は団結してたたかおう」をメインテーマに看護師である真保副委員長(草津病院支部)とケアマネージャーである矢田副委員長(高陽第一診療所労組)のパネルディスカッションを行いました。


冒頭、「医療は社会保障だ!」を掲げてストライキに立ち上がった船橋二和病院労働組合のストライキの模様と記者会見の動画を上映しました。

宮原委員長が基調を提起「①大量首切り・賃下げ・ボーナスカット・人員削減の激化、②新型コロナ特措法改悪に示された労働者への責任転嫁、③春闘解体・労組なき社会、解雇自由・残業代ゼロ・成果主義賃金狙う」という3点の情勢を確認した上で「労働者の怒りの結集軸となるユニオンに飛躍しよう。まずは職場からたたかいを起こそう」と提起しました。

パネルディスカッションでは矢田副委員長からコロナによる感染対策が組合の要求から始まったこと、マスクを職員に有料で配布するということに反対してきちんと支給させたことなどが話され、また新施設での感染対策が予算も少なくないがしろにされていることが話されました。また現在職場のパワハラ問題を取り組んでいるがその背景に看護師の人員不足があることなどが話されました。

真保副委員長からはコロナ対策の中で草津病院の中でも労働強化になっていること、二和病院労組のたたかいから現在の医療制度が金儲け主義になっていること、非正規化が進められている事、社会保障としての医療の切り捨てを介護への押し付けによって行おうとしていることなどが話されました。

会場からの発言では、高陽病院の組合員から施設での感染対策に理事会が責任を取らず現場任せになっていること、作業所で働く看護師の組合員から感染対策に自分が責任感を持って取り組んでいること、病院で働く看護師の組合員から感染者疑いの労働者に対するパワハラの実態、病院の事務で働く仲間からはワクチン接種がまともな説明もないまま行われようとしている実態が話されました。

医療福祉労働者を中心に団結を強め職場でのたたかいと地域での団結の拡大に向かっての一歩を築いた集会でした。


2021/02/01

年度末一時金カット(0.5→0.3ヶ月)絶対反対! 広大生協労組

 

年度末一時金カット絶対反対 

労働条件変更は1ヶ月前提示の約束を守れ! 


理事会が冬季一時金に続いて年度 末一時金もカットを提案!

1月25日の団体交渉の席上、理事会は年度末一時金を0.5ヶ月から0.3ヶ月にしたいと言ってきました。絶対に認めることはできません。しかも、支給日の直前になって何の協議もできないまま強行するなど言語道断です。撤回を求めて徹底的に闘います。


次の年度末や夏季一時金は満額支 給したいと言っていたのに!   

理事会は、昨年12月の冬季一時金を大幅カットするにあたって、2月の年度末一時金や6月の 夏季一時金は満額出したいからと言っていまし た。個人面談でそのように言われ、次の一時金が満額出るのなら我慢しようと思った人も多くいる と思います。こんな嘘をついてだまし討ちするようなやり方は絶対認められません。 


経営が悪化したら賃下げさえすれ ば良いのか?   

こんなやりかたを認めたら、次の夏季一時金だけでなく、月々の賃金もカットされ、さらにはクビ切りに行き着くようになってしまうのではない でしょうか。経営が悪化したら賃金カットしたら良いのなら簡単なことです。しかし、私たち労働者の生活はどうなるのか!あまりに無責任です。 


労働組合には1ヶ月前に提示する という確認を守れ!   

労働条件を変更する際は、労働組合には1ヶ月まえに提示し、必ず協議すると約束しています。特に労働条件を切り下げる時は絶対条件です。団体交渉などで合意したことを一方的に破るのは、労働組合無視の不当労働行 為であり、違法行為です。絶対に認められません。 


団結して年度末一時金カットをは ねかえそう!   

冬季一時金のカットに対しては、残念ながら他の二つの労働組合の正式な協力は得られませんでしたが、組合員は組合の枠を超えて署名が集まり ました。職階や組合の枠を超えて署名が集まったことで一歩前進することができました。さらに団結し一時金カットをはねかえそう。   休業手当の100%補償も継続させましょう。コロナ特例措置の拡大を要求しましょう! 


1/25団体交渉速報 

■嘱託職員の賃金差別について 

賃金差別の根拠にされている「同一労働同一賃金 比較表」がようやく示されました。 秘密裏に賃金差別のための表を作っていたこと追 及し、比較表の矛盾点について質問しました。 [2/5までに回答・詳報次号]

■学生バイトの休業手当について 

1月15日付朝日新聞を示し、学生バイトへの休 業手当支給を求めました。 

■年度末契約更新にあたって 雇止・解雇をしないこと、5年以上勤務し無期雇用となった準職員・嘱託職員に面談を強要しないことを求めました。 

■36協定について 2020年度の残業実績を示し、違法状態についての見解を明らかにするよう求めました。 

2021/01/27

2021団結旗開きを開催

ソフトドリンクで乾杯!

冒頭、2020年のたたかいの記録動画を観賞


 どうしても参加できない仲間はオンラインでつないで

 1月9日、広島連帯ユニオン、全造船三菱広機分会、動労西日本、広島県労組交流センター、広大生協労組の合同新年旗開きが行われました。コロナ感染拡大情勢の中でお酒も食事もない旗開きでしたが、それぞれが近況を出し合い、新年の抱負を語り合い、オンラインでもつないで団結を深めた旗開きでした。


2020/12/24

ボーナスカット絶対反対! 職場署名の力で0.5ヶ月分取り戻す! 広大生協労組



冬季一時金カット絶対反対! 
みんなの力で 0.5ヶ月(店長以外の嘱託)取り戻した! 

正規・嘱託職員(店長職)=当初提案1.0ヶ月1.0ヶ月 
嘱託職員(店長職以外)=当初提案1.0ヶ月1.5ヶ月 


冬季一時金大幅カットの強行は許せません!

 11月30日に、冬季一時金について塩崎専 務から通知がありました。正規職員・嘱託職員(店長職)は1.0ヶ月(例年は2.6ヶ月・当初提案1.0ヶ月)、嘱託職員(店長職以外) は1.5ヶ月(例年2.6ヶ月・当初提案1.0ヶ月)という回答でした。大幅カットの強行は絶対許せません。 


署名の力で嘱託職員の一時金カッ トを0.5ヶ月押し返した!  

 店長以外の嘱託職員について、0.5ヶ月とはいえ当初提案をひっくり返すことができました。冬季一時金の支給日(12月4日)が迫るなか、最後まであきらめずに闘った結果だと思います。一時金減額絶対反対の署名には16名になり、11月27日に理事会あてに提出 しました。所属組合の枠をこえて署名していただき、本当にありがとうございます。

  特に嘱託職員については、かなりの率で署名が集まりました。署名運動を始めるのが遅くなり、すでに専務面談が済んでからという不利な状況でしたが、最後まであきらめない気持ちで闘ったからこそ実現できたと思います。 


闘いはこれから!団結を拡大し現 場の力でコロナ禍をはね返そう  

 しかし、残念ながら正規職員・嘱託職員 (店長職)のカットはひっくり返すことができませんでした。数十万円もの賃下げは絶対 認められません。事業連合との格差、大学への要求について何の言及もありません。闘いまだまだはこれからです。団結を拡大し、現場労働者の力をさらに大きくしていきましょ う。 


嘱託職員の差別賃金・低賃金に対 する取り組みはこれから  

 今回の件で、嘱託職員の劣悪な労働条件 (一時金なしには準職員より下回る賃金)があらわになりました。根本的な解決は基本給 の大幅改善しかありません。正規職員の80% でようやく1号俸が最低賃金をクリアします。正規職員の60%から90%へ! 嘱託職員の基本給差別をやめさせましょう! 

 理事会は、差別賃金の根拠とされている査定表(?)をいまだに提示していません。本 当にあるのか疑わざるをえません。勝手に差 別するな! 

2020/11/25

コロナを理由にしたボーナスカット絶対反対! 団体交渉速報 広大生協労組

 

冬期一時金カット絶対反対! 2.6ヶ月→1.0ヶ月) 


11/2011/24団体交渉速報 


嘱託職員は一時金込みでやっと生活できるのに!

   特定業務嘱託職員の基本給は正規職員の60%です。裏面の表(下に掲載)は、年間労働時間を1750時間 として時給換算した表です。これを見ると60%の場合、12号俸30歳まで最低賃金以下、28 46歳まで準職員の時給以下です。一時金を足してようやく生活できる賃金です。1.6ヶ月の 一時金カットは、ただでさえ低賃金の嘱託職員の生活を直撃します。80%でようやく基本給 1号俸が最低賃金をクリアします。この間、嘱託職員の賃金差別(60%の人と90%の人の 根拠は未だ示されていない)が問題になっていますが、早急に解決すべき課題であり先送り することは許されません。

   団交では嘱託職員の一時金のカットについて「(支給日12/4に間に合う)11月末ギリギ リまで考えたい」という回答を得ました。大変な時だからこそ生活給維持を基本に対応すべきです。正規職員も一時金でようやく生活できる賃金であることに変わりありません。団結して一時金カット反対で闘いましょう! 



事業連合の冬期一時金は0.7ヶ月カットなのになぜ?    

 中四国事業連合の冬期一時金は0.7ヶ月カット(2.7ヶ月→2.0ヶ月)だそうです。事業連合 の経営は単協の事業活動によって成り立っています。一時金カットより大幅なカットはどう いうことでしょうか? 単協の一時金をカットするとしても、0.7ヶ月以下でないと納得でき ないのは当然です。吉山前専務は事業連合に移籍して責任のがれですか? 


大学にも支援を要請すべきではないか? 

  大学の福利厚生ですから当然大学が責任を果すべきです。この間、生協が設備を負担した り、4,000万円もの寄付をしたりしてきました。大学に支援を要請すべきです。コロナ対策の 物品(食堂テーブルの仕切りとか)は支援を要請しているとのことです。一時金カットの分も要請したらどうでしょうか。大資本ばかり救済する政府のやり方も問題です。みんなの力で変えさせていきましょう。 

Kamonケーブル労組 労働組合の力で社長退陣の大勝利!



Kamonケーブル労働組合は10月28日に行った団体交渉の結果12月いっぱいでの社長の退陣を勝ち取りました。以下は機関紙「結束」に掲載された労組の声明です。


・KAMONケーブルテレビ労働組合を結成
・第1回団体交渉を開催!
・社長の退任時期を当初来年3月末から年内いっぱいに勝ち取る!! 

 2020 年 9 月 27 日、株式会社東広島ケーブルメディアにKAMONケーブルテレビ労働組合を結成しました。

 2017 年 11 月に経営改善の為として現会長か招聘した社長は、社員僅か 10 人の組織を縦割りに分断し、結果、社内を混乱に陥れました。更に社長は 1 期 2 年間取り組んだ事業は全て失敗したにもかかわらず、毎月 150 万円という高額報酬をもらい続けました。

 現場を無視した施策を次々と強行し、失敗を繰り返しても検証は全くせず、事業の柱の一つであるコミュニティチャンネルの放送は見ようともしませんでした。責任をとらない社長、それを認める経営陣に対して「このままではやっていけない!」と我々は労働組合を結成して、まともに働ける職場にしようと立ち上がったのです。

 10 月 14 日には経営陣に対して労働組合結成を通告し、5 項目の要求書を提出して団体交渉を申し込みました。10 月 28 日には第 1 回団体交渉を開催し、経営陣は会長と社長が出席。1. 経営責任の明確化、2. 社長に対する年間 1,800 万円もの報酬の根拠の明確化、3. パワハラに対する会社の方針の明確化などを求め、経営代表者の辞任を要求しました。

 交渉の冒頭、会長から「社長は来年 3 月までと考えている」と発言がありました。その上で経営側は、施策が失敗したのは社長の責任ではないと主張しましたが、団交のやり取りの中で、何年も何十年も現場で働き、地域との関係を地道に作ってきた現場の労働者の意見を一切聞かず、社長の独断で様々な施策を強行し失敗してきたことを改めて明らかにしました。その点を追及された社長は「失敗したので、施策はそこでやめました」と失敗した原因を振り返ることもできず居直りました。

 ところが、数日後の119日、朝礼で社長の退任時期は当初予定から大幅に早まって「年内いっぱい」とする発表がありました。これは現場が団結して要求した力であり、労働組合の力です。力を合わせれば職場を変えられることを証明しました。

今回の第1回団体交渉の席で、経営者は今後、従業員の意見をきちんと聞いて進めていくことを約束しました。我々労働組合は、今後も団結して労働者の生活と労働条件を守り、働きやすい職場環境にしていくことを目指して頑張ります。

2020/11/18

コンビニ各社に申し入れ、独禁法違反やめろ

 


 11月16日と17日に、コンビニ関連ユニオンと賛同するオーナーが共同して、コンビニチェーン本部に対する要請行動を行いました。広島連帯ユニオンも、広島市に本社をおくポプラに対して、統一要求書の提出行動を行いました。北海道でもセコマに対して提出行動が行われました。

 9月2日に公正取引委員会が、「24時間年中無休営業の強制は独占禁止法違反になりうる」などの報告書をまとめました。コンビニ各社は、11月末までに自主的是正を行なうことが求められています。コンビニ関連ユニオンは、是正にあたってコンビニ各社に8項目の要求を提出しました。

 ポプラ本社は、玄関先でピリピリした対応で「回答はしないと思う」ということでしたが、統一要求書を読み上げ担当者に手渡しました。

 第1日目は、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン各本社に対して、第2日目はミニストップ、デイリーヤマザキ、コミュニティストア、さらに日本フランチャイズチェーン協会に対すして、要請行動が行われました。セブンイレブン東大阪南上小阪店・松本実敏オーナーもマイクを手にアピールされました。

コンビニ関連ユニオンのサイトへ

パンフレット『なくしていこう!コンビニの独禁法違反』