5.1メーデーへ!

労働組合が先頭に立って、改憲・戦争を阻止しよう! 労働法制改悪絶対反対!

山陽測器解雇撤回闘争勝利!!

団結があったから勝利できた!!

介護労働者Tさんへの「みせしめ重刑」を許さない

「よってきんさい古江」転落死亡事故、介護労働者Tさんへの「みせしめ重刑」を許さない

労働相談

秘密厳守・相談無料  あきらめないで!! ひとりで悩まないで!!  ひとりでも加入できる労働組合・広島連帯ユニオンへ

5.1広島メーデー

韓国民主労総のゼネストに連帯し、青年労働者を先頭に広島市内をデモ

2018/12/27

8・6デモ行進に対する制限許すな!広島市に申し入れ

 
12月27日、8・6平和祈念式典の会場周辺でのデモ行進による拡声器の声についてのアンケート調査をやめるよう申し入れを行いました。労働者市民の思想・信条ならびに表現の自由を制限することに絶対反対です。広島市は、改憲につながるこのような施策を直ちに中止を!


「公平な人事考課」などありえない|草津病院労組

⼈事考課制度の実態を暴く!②―11・20蒐場看護部⻑の証⾔

「公平な人事考課」などありえない
デタラメな「評価」はあらかじめ決まっている!

 草津病院労働組合は、3名の組合員が原告となり草津病院に対して、広島地方裁判所へ賃金賠償裁判を起こしています。この裁判は、人事考課制度によってこれまで不当にカット(評価の2段階引き下げ)されてきた賃金の支払いを求めている裁判です。2018年11月20日、この裁判の病院側証人として蒐場(ぬたば)看護部長が法廷に出てきました。この中で人事考課制度の実態が明らかにされました。前回に続いて、蒐場看護部長の証言を紹介します。

「公正な考課」のための修正者・蒐場看護部⻑

 今回、看護部長が法廷に出てきたのは、金光美智子組合員が「周囲に悪影響を与えるD評価の労働者」であることを証言するためでした。金光組合員は2016年当時1病棟で勤務しており、この年だけ『人事考課表』を提出したら、不当にもD評価を付けられていたからです。看護部長は、
「D評価やS評価の人は少ないので正しいかどうか注意して把握するようにしています。」
「(自分は)評価の最終確認者で、考課者である課長にもう一度検討をするようにと指示を出します。」
などと証言しました。看護部長が納得する結果が出ないと課長や主任に「やり直し」をさせると、あらかじめ予断を持って、看護部長(理事会)が、DやSにする職員を「選別している」ことを、明け透けに語ったのです。

看護部⻑ら管理職がランチタイムに雑談で「人事考課」!

 蒐場看護部長は、金光組合員のことを熟知している根拠として「第1病棟や第2病棟の課長とは昼食を一緒にすることが多く、所属する職員の話をよく耳にします」「金光さんのことも結構、話題に上がります」と証言しました。ランチタイムに評価談義をしているとは、驚きです。しかし実際には、看護部長は評価のチェックをするどころか病棟課長から報告を聞くだけで、看護記録やクレーム報告から確認するだけです。職員本人と面談しないのかと問われると、何と「課長・主任を信じております。」という言葉を繰り返しました。
 実に無責任な「最終確認者」です。自分は職員と向きあわず現場の管理職にすべて丸投げしているのです。これが、「最終確認者」の真の姿なのです。

評価は、課⻑・主任の"えん魔帳"が根拠!

 組合側弁護士から「(金光組合員の2年前の仕事の状況を)具体的に述べられているが、何を基に陳述書を作成したのか」と追及されると看護部長は、
「課長や主任が、日々あったことを日記のようにつけているんです。それをスタッフ一人一人に、そういう日記のようなものがありまして、何月何日、遅刻何分とか、何月何日、例えば買い物に行って間違って購入して、患者さんから怒られたとかっていうことを、日々日記のようにつけてるものがありまして、それを基に私(蒐場)が作成しました。」と言いました。
 何と!課長や主任が、職員ひとり1人のミスについて、こと細かくチェックしているというのです。これは"えん魔帳"ではないですか!あんなに苦労させられる「目標」や「面接」や「自己評価」ではなく、実際の評価は、課長や主任が職員に一方的にメモっている『日記』が根拠だったというのです。しかもこれは本人には知らされません。客観性のかけらもありません。毎回、悔しい思いをさせられる面談や『人事考課表』とは、何なのでしょうか。本来の業務に回すべき時間を割いてでも行なわれる人事考課のためのぼう大な作業は、少なくとも職員や利用者のためではないことは明らかです!本当に怒りが湧いてきます。
 また、金光組合員の評価の各項目を今回、裁判所に文章で出したことについて、「この裁判の前に課長や主任から報告してもらい、… 私が文章を考えて(陳述書を)書きました」と証言しました。組合との裁判にあたって、草津病院経営のために人事考課制を維持する目的で、課長・主任のメモを基に看護部長が経営側の意向に則して作文したということを自白しました。まさに人事考課資料は、このように「悪用される」という見本です。

デタラメな⼈事考課制度をなくし、団結して働ける職場に!

 2018年3月、中央労働委員会は、草津病院の人事考課制度の運用が不当労働行為であるという命令を出しました。この命令は、組合が人事考課制度の廃止を求めて、組合員が『人事考課表』を提出しなかったことに対して、草津病院が人事考課を2段階下げて「D評価」を付けたことは不当であると判断しています。この命令に草津病院は、追い詰められているのです。これは現場の怒りを束ねて組合がとりくんできた勝利です。
 組合は、職場で私たちを日々苦しめている人事考課制度を廃止に追い込み、団結し安心して働ける職場にするためにたたかいます。
 労働者を分断し、酷使するための人事考課制度は要りません。ともに団結して職場を変えていきましょう。組合への ご意見や質問をお寄せ下さい。

2018/12/16

高陽地区で星野絵画展を開催|高陽第一診療所労組


 11月25日の高松集会を前に、広島市、高陽地域で21日~23日の3日間、星野文昭さんの獄中絵画展を開催しました。21・22日は、地域の真亀公民館で、そして23日は高陽第一診療所・患者会ひまわり会の「けんこう祭り」の企画として行い、3日間で100名を超す来場者があり、50筆の要望書が集まりました。

 とりわけ、高陽第一診療所では、待合室が絵画展の会場になりました。イーゼルに並べきれない絵は、ソファや受付カウンターに並べ、日常的に、星野カレンダーや星野新聞、8・6ポスターなどを掲示している掲示板にも、絵画展と11・25高松集会のポスター、星野文昭さんの写真を掲示。広島の原爆ドームと子どもたちの絵や、星野暁子さんの絵を並べ、缶バッジと要望書、アンケートのテーブルは、ベッド用のオーバーテーブルを利用し、スタンバイ。玄関の外で広島連帯ユニオンの仲間がチラシ配りで呼びかけ。11時開場前から、続々患者さんが見に来られました。高陽第一診療所での絵画展は3回目でしたが、初めて見て下さった方も多く、「優しい色使いの絵に心癒やされました。」「早く出られることを願います。」という感想は多く寄せられましたが、シリアの子どもを抱いた父親の絵には「戦争はあってはならない。生を受けてこの世に生まれたのに、小さい命を奪われ他国であれ、悲しい。」との感想も。星野さんの獄中からも、ヒロシマとともに平和な社会を作ろうという思いが、つながったと感じました。私がケアマネとして関わっている、患者さん、家族の方も多く、一緒に連れ合いさんを見送った女性は、「弱いものいじめをすることを許せない!」と他の来場者の方にも積極的にカンパや要望書を呼びかけてくださいました。職場の仲間もバザーの作業の合間に、参加してくれました。事前に周辺にチラシを配り、要望書を集めていましたので、「チラシを見てきました」という、絵を勉強中の高校生や、この署名もうしたよという方も。60名ほどの来場者のうち、34筆の要望書が集まりました。

 高陽第一診療所労働組合と婦人民主クラブの高陽地域会員で、開催前の準備会議をもち、公民館の周辺にも1軒1軒声をかけチラシを配布し、児童館の同僚、住宅の住民に呼びかけての参加もありました。ひまわり会の会員でもあり星野さんを救う会会員の男性は、体調が悪い中3日間とも来場し、「一日も早く星野さんを取り戻そう」と激励されました。準備・開催をとおして、地域の仲間の団結を深めることができた絵画展でした。この地域の力で、「高陽地域、改憲・戦争阻止大行進運動」を作っていきたいと思っています。(高陽第一診療所労働組合書記長・矢田)

2018/12/15

改悪入管法弾劾!辺野古への土砂投入弾劾!


 12月15日、広島市内八丁堀交差点で改悪入管法弾劾と辺野古への土砂投入弾劾!を訴え街頭宣伝を行ないました。同日、神奈川県川崎市では合同労組かながわなどの主催で新たな侵略のための入管法改悪反対を訴え改憲・戦争 絶対止めよう 12・15川崎集会&デモ」が行われました。また、14日には辺野古新基地建設のための埋め立て工事が強行され、多くの人が絶対反対で阻止行動に立ち上がりました。ともに連帯する行動として街頭宣伝をやりぬきました。


2018/12/14

星野さん解放を!四国更生保護委員会に請願行動


 12月14日、四国地方更生保護委員会に対して、星野文昭さんの仮釈放を求める請願行動を行ないました。【下記に請願書】
 沖縄闘争を闘った星野さんは、無実であるにもかかわらず44年間もの長期にわたって拘束されています。1日も早い解放をと、広島労組交流センター、婦人民主クラブ全国協広島支部、徳島と愛媛の仲間も、ともに請願行動に参加しました。終了後、高松駅前で宣伝活動を行ないました。


2018年12月14日

星野文昭さんの仮釈放に関する請願書


四国地方更生保護委員会御中

広島連帯ユニオン
執行委員長  鈴木範雄
 広島市安佐南区八木4-2-5(2階中央)

請願の趣旨

 無期刑は終身刑ではない。44年というとてつもない長期間に渡る拘束は拷問である。直ちに釈放されなければならい。星野文昭さんの即時の仮釈放を求めるものである。

請願の理由

 星野文昭さんが先頭で闘った71年の沖縄返還協定反対の闘いは正義の闘いである。ペテン的沖縄返還は核、基地の沖縄の現状を何ひとつ解決はしなかった。それどころか、安保の矛盾を沖縄県民に押し付け続けてきた。そして今まさに、安倍政権は沖縄の県民の反対を無視して、辺野古沖の埋め立てを来週にも強行しようとしているのである。
 星野文昭さんは、体を張って沖縄返還協定反対の闘いに立ち上がった。そのことで44年という長期の獄中生活を強いられている。絶対に許せないことである。反戦闘争を闘い不当なデッチ上げ逮捕された政治犯を44年という長期の獄中投獄は、文字通り獄中死を狙うものであると言わざるを得ない。
 星野文昭さんは、一貫して機動隊を殺害したことに無罪を主張している。そして無罪を証明する新証拠を元に再審闘争を闘ってきている。全証拠が開示されれば星野文昭さんの無罪は直ちに明らかになることである。
 アメリカ・トランプの登場とアメリカ第一主義は、世界戦争の危機を促進している。こうした中、安倍政権の改憲に向けた攻撃は、労働運動と学生運動の絶滅の攻撃として激化している。広島連帯ユニオンは、安倍政権による改憲攻撃と真正面から闘う決意である。改憲阻止の闘いの最重要な闘いとして、星野文昭さんをわが手に取り戻す闘いの先頭に立つものである。
 星野文昭さんを直ちに釈放せよ。

以上

2018/12/13

扶養手当の縮小・廃止をゼッタイに許さない|郵政支部


扶養手当の扶養手当の縮小・廃止をゼッタイに許さない!


2018/12/08

山陽測器解雇撤回闘争勝利報告祝賀会を開催


山陽測器解雇撤回闘争が勝利和解勝利報告祝賀会を開催


 12月8日、広島連帯ユニオンは山陽測器解雇撤回闘争の勝利和解を受けて勝利報告祝賀会を広島市内で開催しました。広島連帯ユニオン組合員始め、動労西日本、地域の自治体労働者、婦人民主クラブ広島支部の仲間などが集まり、盛大に勝利を祝いました。
 M組合員は2014年に退職強要を跳ね返すためにユニオンに加入、県労委闘争なども取り組みながら不当解雇(1度目の解雇)の撤回、ボーナスカットの撤回などを勝ち取ってきました。追い詰められた会社は2015年11月にM組合員をロックアウト解雇。以来3年間に渡って社前闘争・労働委員会闘争・裁判闘争などあらゆる手段で解雇撤回を闘ってきました。
 ここに至るまでは決して平坦な道のりではありませんでしたが、団結を崩さず、「解雇撤回」の原則をトコトン貫いて、ついに今年10月組合も本人も納得のいく形での勝利和解を勝ち取りました。
 山陽測器資本はMさんを解雇するために詳細な「ミス報告書」を作成させたり、従業員に「解雇要求署名」を集めさせたりしてそれらを「解雇の根拠」とするなどとんでもなく悪らつなやり方をしてきましたが、それらは全て団結した闘いの前では会社にとっての不利な条件にしかなりませんでした。「団結して闘えば勝てる」ということです。
 8日の勝利報告会では本人から「団結があったから勝利できた。これからも末長くユニオンと一緒にやっていきたい」と晴れやかなアピール。山陽測器解雇撤回闘争の先駆けとなったサンナビ解雇撤回・倒産との闘いで勝利したF組合員からも「信念を貫いたからこそこのように勝利できた。信念を曲げていたらこうはならなかった」と発言。闘いが闘いを呼び、次々と青年が立ち上がっていく。画期的な展望を切り開いたと感じました。

2018/12/04

機関紙『団結』への「抗議」許すな|広大生協労組


『団結』No.259
2018年12月4日
広大生協労働組合

12月5日団体交渉へ! 田浦常務の恐怖支配を支える吉山専務による「団結」への抗議(?)

脅しによる労働者支配には絶対反対で闘います

 11月29日に吉山専務から「労働組合発行の機関紙について」という文書が各職場に回覧されました。理事会の抗議は、「見解の違い」をことさらに「事実と異なる」として労働組合を攻撃するものです。これ自体許しがたいことです。吉山専務は、田浦常務が「これは命令です」と言って強制し暴力支配をしているのを全面的に後押ししていることがはっきりしました。
 しかし、こうした理事会による強権支配や就業規則改定(準職員賃金改定や資格手当など)をめぐって、職場から反対の声が上がっています。理事会による当組合への「抗議」は、こうした声に追い詰められた結果でもあります。12月5日にようやく当組合との団体交渉が開催されます。労働組合は絶対反対で闘います。傍聴大歓迎です。団体交渉に注目を!

「事実と異なる」に徹底反論します

 「意味不明な施策が問答無用で強制され」という『団結』の内容に対して、理事会は「より一体的な運営にするため」「目的等を説明している」と言っています。しかし、現場の労働者が「意味不明」と感じているのは事実です。命令だから従えというのでは誰も納得しません。
 だからこそ労働者代表選挙で高木候補がそのことを取り上げ、多くの支持が集まったのではありませんか。理事会は、なぜ自分たちの説明が意味不明だったことを反省もせず、労働組合への「抗議」という形で「強制」を居直るのでしょうか。理事会の「抗議」はS本への契約変更=S本でのタイムカード打刻に対する疑問や不満を黙らさせようとするものでしかありません。そもそも来年2月末までの契約なのに、本当に許しがたい!
 また、大幅な事業再編は労働組合との協議事項です。なぜ当組合と御用組合に提案もせず強行したのですか。

職場を支えているのは現場労働者

 こうした強権支配に対しては、労働者は団結して闘います。ショップの事業再編は、労働者を店舗から切り離してバラバラにし団結を破壊する攻撃です。理事会の「強制」で混乱する現場を、現場労働者が団結して必死で回してきました。しかし、それも我慢の限界に達しています。日産のゴーンのような独裁支配は労働組合が破壊され御用組合になった結果です。労働組合に団結して労働者の手に職場をとりもどそう!