2020/06/04

夏の一時金(ボーナス)獲得しよう! 高陽第一診療所労働組合


アンケートに声を! 組合に加入して一緒に!

 ●フライデーオベーション??
緊急事態宣言が解除されましたが、私たちの医療・介護の職場では、まだまだ感染予防の対策が必要です。広島市でも「フライデーオベーション」にカープも参加と、ニュースとなっています。何に感謝ですか?マスクなどの防護具も自己責任、人員不足でもがんばれ、命を守るのはあなたたちの仕事。そんなこと受け入れられますか?市役所で働く労働組合の仲間は「みんなやりたくない。1分間部屋を出てやってない。」と言っています。

●新型コロナウイルスの感染拡大を引き起こしたのは、オリンピックのためにクルーズ船を隔離し、事態を小さく見せようと必要な対策を遅らせてきたが安倍政権の政策です。根本的には、この30年にわたり目先の利益のために、公衆衛生に対応する保健所などの期間や公立・公的病院をとことん減らし、民営化し、予算・人員を減少させ非正規職に置き換えてきた中で新型コロナの爆発的な感染を生みだしたのです。コロナが医療や介護を崩壊させたのではありません。しかし、コロナで、命を守れない、労働者もの命も軽視され「捨て駒」にされる事がはっきりしました。コロナウイルスは単なる自然災害ではなく、貧困と格差、資本家による労働者への徹底的な搾取と団結破壊の結果です。

●韓国、香港、アメリカ、イタリアなど世界で怒りの声が上がり、ストライキが闘いぬかれています。その先頭に労働組合が立っています。
安倍首、小池都知事は「医療従事者に感謝を」と言いながら、公立病院の統廃合の政策を進め、3月27日には、病床削減に国庫から84億円を補助する予算を成立させ、東京都は3月31日、「都立・後者病院の独立行政法人化」を決定しました。都立病院の労働組合が、コロナ感染の中でも、独法化反対を訴えています。

●職場から声をあげよう!
医療と介護は生きていくために必要な仕事です。赤字・黒字で測るものではありません。
コロナで死ぬか、貧困で死ぬか?そんな社会を変
えていくために声をあげましょう。

「ボーナスカットでは生きていけない!」
「職員が使うマスクがもったいない?!」
「ともに生きようは建前?!」
「危険手当が必要!人員必要!」
「医療・介護を金儲けの道具にするな!」
「466億円でマスクの配布?!」
まずは声をあげましょう!

2020/05/18

コロナ関連労働相談やってます!




4月17日、コロナ労働相談街頭宣伝を行いました。
緊急事態宣言が解除されましたが、コロナ危機による解雇・シフトカットによる収入減少、失業など労働者の生活を直撃する問題は多発しています。
また、感染症対策を要求してもきちんと対応してくれないなどの相談も寄せられています。
まずは労働組合に相談を! 全ては職場の団結、会社との力関係、交渉次第で変わります。


2020/05/12

憲法記念日企画 映画「棘(とげ)」上映会を開催



 憲法記念日の5月3日、「憲法と働くものの権利を考える」と題して関西生コン支部に対する弾圧と武委員長の半生を描いたドキュメンタリー映画「棘」の上映会を行いました。

2020/05/05

コロナ解雇許さない! 働く者の命と暮らしを守れ! 5・1メーデー・デモ 




5月1日、メーデーのこの日「コロナ解雇許さない! 働くものの命とくらしを守れ! 生きていける賃金補償・休業補償を! 安全に働ける職場を! 安心して休める職場を! 医療の拡充を! 医療労働者に安全と補償を! 」をスローガンにメーデー・デモを行いました。

17時から街頭宣伝・街頭労働相談を行いました。「休業で賃金が出ていない。このままでは困る」「安倍がダメ」と不安と怒りの声をあげる方も。その後18時から原爆ドーム前で集会を行い、本通りなどをデモ行進しました。





x

2020/04/27

4・26チェルノブイリデー 原発なくせ!命と健康守れ!必要な医療の保障を!


 すべての原発今すぐなくそう! コロナ休業補償しろ! 命と健康守れ! 必要な医療を保障しろ!をスローガンに4・26チェルノブイリデー行動を行いました。
 原爆ドーム前ではNAZEN(全ての原発今すぐなくそう全国会議)ヒロシマから「チェルノブイリもフクシマも誰も責任を取っていない」「医療労働者に感謝するだけではなくいうべきことは声に出して言おう」「団結して生き延びよう!」と訴えました。(NAZENヒロシマのアピール)高陽第一診療所労組から医療現場での感染症対策のたたかいが紹介されました。
 17:30から、元旦より人の少ない広島市内の中心部で、緊急事態宣言と自粛ムードを跳ね返してデモを打ち抜きました。人は少なかったのですが注目度は高かったと思います。
 メーデービラと4.26ビラを一緒に配布しましたが、通行している人が受け取って見ていました。



朝日新聞で紹介されました。


2020/04/25

5・1メーデー・デモに集まろう! 街頭宣伝やりました



補償なき休業、賃金カット、コロナ解雇。医療現場は国からまともな支援もなく命がけ。働くものが今こそ声を上げよう! メーデーに集まろう! と訴えて街頭宣伝を行いました。道ゆく人から「頑張って」の声が。

広島大学の学生さんも参加。アピールしてくれました。

5・1メーデー・デモに集まろう!
詳しくはこちら

2020/04/24

4・28チェルノブイリデー「原発なくせ」+「命と健康守れ」「コロナ対策で必要な医療を」デモやります!


すべての原発今すぐなくそう! コロナ休業補償しろ! 
命と健康守れ! 必要な医療を保障しろ!
4・26チェルノブイリデー広島行動
4月26日(日)
17:00 原爆ドーム前集合 
17:30デモ出発(中国電力本社前まで)

共催:広島連帯ユニオン (広島市安佐南区八木4-2-5 082-873-1446)
   全ての原発今すぐなくそう全国会議ヒロシマ
            (広島市中区幟町14-3-705 082-221-7631)

2020/04/20

協賛企画:生活困窮者への食品、生活雑貨の無料配布企画


生活困窮者への食品、生活雑貨の無料配布企画

5月10日(日曜日)【情勢次第で延期があり得ます】 
場所:八丁堀京口門公園  変更もあり得ます。メール(か電話)でお問い合わせをお願いします。
メール makoxv115(アットマーク)gmail.com   TEL 090-8717-5714
主催:フード・衣類バンク広島(ポレポレの館 )
広島連帯ユニオンも労働相談のブースを出します

詳しくはチラシ


2020/04/19

生きていける賃金補償・休業補償を! 5・1メーデーデモに集まろう!



コロナ解雇許さない!
働くものの命とくらしを守れ!
生きていける賃金補償・休業補償を!

5・1メーデー・デモ

安全に働ける職場を! 安心して休める職場を!
医療の拡充を! 医療労働者に安全と補償を!

5月1日(金) 
18:00 原爆ドーム前集合 18:30 デモ出発 
原爆ドーム前→本通り→金座街→紙屋町→原爆ドーム前

補償なき緊急事態宣言弾劾! 街頭労働相談


4月13日、「補償なき緊急事態宣言弾劾! 働く仲間の団結で命と暮らしを守ろう!」を掲げて街頭宣伝・街頭労働相談を行いました。

作業所で働く労働者から仕事に行くのが不安の相談。年配の女性から「自粛と言っているのに補償もしないのはおかしい。もっと厳しく批判しないと」と激励?の声がありました。

学習講座 外国人労働者と共につくる労働運動


4月11日 ユニオン働く仲間の学習講座として「外国人労働者と共につくる労働運動」というテーマで学習会を行いました。コロナの感染が拡大する中で感染防止対策を講じつつ、最も矛盾を押し付けられている外国人労働者の置かれている現実と組織化について学び討論する共に、コロナ情勢の中での職場における現状と安全を求める取り組みなどを気共有しました。

2020/04/18

映画「棘(とげ)」上映会を開催します!



ドキュメンタリー映画「棘(とげ)」上映会
5月3日(日) 14時~16時(13時30分開場) 
広島市東区民文化センター スタジオ2
資料代 500円(関西生コン支部への救援カンパ大歓迎!)
主催・企画:映画「棘」上映会実行委員会
お問い合わせ 広島市東区光町1-7-15-208号 動労西日本気付
       082-873-1446 070-5303-0897(広島連帯ユニオン)


新型コロナで短縮営業、100%の休業補償を実現 広大生協労組

安心して働ける職場に!
安心して休める職場に!
コロナで短縮営業、100%の休業補償を実現

新型コロナウイルス対策ということで、広島大学の開講も延期やオンライン授業になりました。
それにともない、広大生協も新学期から営業時間の短縮が始まりました。広大生協労組は、3月31日に広大生協理事会に対して下記のような要求書を提出しました。

新型コロナウイルスへの感染予防について
 4月8日の開講にともない、特に食堂はじめとする食事対応については、新型コロナウイルスへの感染の可能性が非常に高まると考えられます。感染を予防するための取り組みについて、以下の通り要求するので、至急回答ください。1. 安全に出食するための対策を明らかにすること2. そのための余裕をもった要員を確保すること3. 対策を実施するための十分な研修を行うこと4. 事業所都合で休業を命じる場合は賃金を全額補償すること→実現!5. 弁当の持参を推奨し、ミールカードを使用しなかった分は、手数料なしで返金すること →実現!

2020/04/07

広大生協労組が新型コロナウイルス感染予防のために要求書を提出



新型コロナウイルスへの感染予防について
4月8日の開講にともない、特に食堂はじめとする食事対応については、新型コロナウイルス
への感染の可能性が非常に高まると考えられます。感染を予防するための取り組みについ
て、以下の通り要求するので、至急回答ください。

1.安全に出食するための対策を明らかにすること
2.そのための余裕をもった要員を確保すること
3.対策を実施するための十分な研修を行うこと
4.事業所都合で休業を命じる場合は賃金を全額補償すること
5.弁当の持参を推奨し、ミールカードを使用しなかった分は、手数料なしで返金する
こと

一方的な嘱託職員の賃金改定を許さない 広大生協労働組合

どこが「同一労働同一賃金」なの
一方的な嘱託職員の賃金改定を許さない
3月から嘱託職員の賃金が改定されました。
「同一労働同一賃金」に対応するためという理由です。しかし、実際に起きていることは格差の拡大です。私たちは、今回の賃金改定に絶対反対です。また、労使協議もなしに改定を強行するやり方も許せません。一律大幅賃上げを求めて、団結して20春闘を闘いましょう。

「同一労働同一賃金」なのになぜ格差が拡大?
非正規は全員30%UPにせよ
3月はじめに「嘱託職員に関する規程」の改定について回覧がありました。内容は、これまで正規職員の賃金の30%~70%の間で決めていたものを50%~100%に改定するというものです。
具体的には、

特定業務委嘱者は、正規職員の40~70%を50~100%に
定年後再雇用者は、正規職員の30~60%を50~100%に
目的は「同一労働同一賃金」に対応するため

というものです。『団結』No.268(3月3日発行)で、これでは格差拡大になると訴えました。
実際に個々の契約内容をみると、

再雇用者は原則として正規職員最高号俸の50%だったのが65%に(実に30%UP・約
45000円の賃上げ)
再雇用者で引き続き店長職の人は90%
特定業務委嘱者は、定期昇給程度の2000円位しか上がっていない人も(詳細は不明)

すさまじい格差拡大になっています。「同一労働同一賃金」が目的なのに、なぜこんなに格差が拡大するのでしょうか! 今回賃上げの対象になった人からも「こんなやり方には反対だ。みな同じように賃上げしろ」という声が上がっています。全く同感です。壹貫田が30%アップなら皆が30%アップが当然です。「同一労働同一賃金」なら非正規は全員30%アップに!

団体交渉もせず労働協約はあり得ない
 労働組合は、例年正規職員・嘱託職員・準職員を一括して賃金改定を要求しています。かつては理事会もそのように交渉してきました。しかし、近年は労使協議もせず一方的に賃上げするようなデタラメが行われてきています。3月はじめの回覧では、緊急を要するので労働組合と協約をむすんで対応するとあります。これはさらにとんでもないデタラメです。
 私たちは、非正規職の疾病休暇を有給にすることについて団体交渉で合意しました。しかし、なかなか実施されないので、すぐに協約を結ぶよう求めました。合意したらすぐに実施するのがあたりまえではありませんか? ようやく3月から非正規職の疾病休暇も有給(年間20日換算)になりました。吉山専務が、新型コロナウイルス問題で緊急に対応したというのは大ウソです。吉山専務の対応が遅すぎたのでたまたま時期が重なっただけです。
ところが今回、まだ団体交渉も行なっていない嘱託職員の賃金改定についても、労働協約で緊急対応するというのです。こんなデタラメはありません。こんなやり方で特定の人だけ大幅賃上げして、賃金格差を拡大させていくことには絶対反対です。

なぜ嘱託職員だけ一方的に賃上げ?
幹部が自分らの定年に備えてか?
そもそも定年再雇用の労働者が引き続き役職に止まらざるを得ない現実を、理事会はどう考えているのでしょうか。理事会には後継者を育成する責任があります。その責任を放棄しているということです。役員報酬返上、もっと言えば役員を辞任すべきです。吉山専務や田浦常務は自分が定年になった時のために準備していると言われてもしかたありません。
 これまで私たちは嘱託職員は正規職員の80%にと要求してきました。それに対して吉山専務は「若い人材を育成するのが優先課題、定年にそなえて貯金しているはず」と要求を拒否してきたではありませんか!職場には怒りが充満しています。団結して大幅賃上げ=非正規職は全員30%アップを実現しましょう。

不明確な基準を勝手に作るな!
生活給を基本に分かりやすい賃金を
 時間帯手当について、一部の嘱託職員に手当が支払われており、組合差別をやめさせました。しかし問題はまだ解決していません。時間帯手当の改定を検討することを理事会は約束しましたが、一年間棚ざらしです。準職員・嘱託・正規を問わず一律200円/時にして明解にしていきましょう。
 職務手当について、一部の嘱託職員に店長補佐としての手当が支給されていることも明らかになりました。同じような仕事をしていても特定の人にだけ支払われるのはどうしたことでしょうか。さらに、リーダー・店舗責任者・副店長とか様々な職名をつけ、手当もどうなっているかわからないのは大問題です。広大生協では担当・店長・部長・常務・専務という役職についてそれぞれ職責
が定められており、それに対して手当を支払うようになっています。なぜ自分の責任すら果たさない者が勝手なことをするのでしょうか。
 まじめに働いている労働者をなんだと思っているのか! 生活給を基本に誰にも分かりやすい賃金を実現しましょう!

2020/04/01

新型コロナウイルス安全対策 特別有給休暇を認めさせる 高陽第一診療所労組


●新型コロナウイルス対策として「特別有給休暇」が認められました!
3月18日春闘の団体交渉を行いました。この団体交渉で、新型コロナウィルスの感染症対策として、本人の発熱などの症状がある場合、家族に感染の疑いのある場合には職場での感染拡大を止め、職場の安全を確保するため「特別有給休暇」として休むことを確認しました。

2020/03/28

新型コロナウイルス対策要求に理事会が回答 草津病院支部


組合が行った新型コロナウイルス対策を求める申し入れに対して理事会から回答がありました。十分な回答とはいえません。安全対策をきちんとやらせてと労働者への不利益扱いを許さないために団体交渉で追求したいと思います。

2020/03/21

動労西日本 五日市駅ストライキをともにたたかう

3月18日動労西日本(国鉄西日本動力車労働組合)は五日市駅を拠点に大江委員長と岡崎副委員長の指名ストライキを行いました。

2020/03/19

高齢者を安く使い捨てるな! 団体交渉で解決金勝ち取る!


広島市西区にある建設会社で働いていたTさんから労働相談がありました。70歳を超えるベテランの建設労働者であるTさんは年金をもらいながら働いて生活をしておられます。数年前に、ある建設会社に就職。3年ほど勤めていましたが、仕事の量が少なくなってきたことを理由に「来月からは来なくていい」と突然解雇されました。

2020/03/18

コロナウイルス安全対策を! 高陽第一診療所労組

3月17日発行 高陽第一診療所労組

職場に安全を作っていこう!
コロナウィルスで安全に仕事をしていく事が困難になっています。診療所でも面会の規制、検温の徹底と記録などで安全を保っています。今回のアンケートでも安全にしていくための意見が寄せられています。安全に仕事をしていくために何が必要で、どうしたらいいのか考えていきましょう!

2020/03/17

新型コロナウイルス対策を理事会に申し入れ 草津病院支部



草津病院支部は3月9日新型コロナ対策を草津病院支部理事会に申し入れました。



申 入 書

 ついに広島県でも新型コロナウィルスの感染者が報告されました。この感染拡大情勢に際して、草津病院においても、患者とその家族、勤務する職員とその家族を感染から守るために万全の対策を取られたい。また現在、政府の政策(国民の行動の自粛、学校の休校など)により、とくに養育中の子どもを持つ労働者は勤務や生活に大きな支障をきたしています。この点についても不利益な取り扱いなく、万全の対策を取られるよう以下の点について申し入れるものです。


2020/03/15

CDSパワハラ解雇撤回! 解雇撤回拒否・団交拒否許さない!

CDS広島支社前でのビラまき(3月9日)

3/5 広島県労働委員会でのあっせん実施!
会社がついに自らの不当解雇を認める!?

 会社の時間稼ぎであっせん開催日時は大幅に遅らされるという妨害にあいましたが、な
んとか3/5(木)に広島県労働委員会でのあっせんが開催されました。
 残念ながら、会社の不誠実・自分達のメンツしか考えてない・社会的常識をかえりみな
い言動にて自分勝手な主張を押し通し、あっせん案すら出ず終了してしまいました。
 あっせんには法的判断や執行強制力はありませんのでこういった結果になりましたが、
組合としては到底納得していません。次なる手段を打たざるを得ません。

2020/03/07

コロナウイルス対策を理事会に申し入れ 高陽第一診療所労組



コロナウイルス対策 理事会に緊急申し入れ
 山口県でも昨日、新型コロナウィルス感染者が出たと報道されました。診療所でも具体的な対策が不十分なままでは不安の中で働かざるを得ません。組合は緊急に理事会に「新型コロナウィルスに対する申し入れ」を行います。私たちが安全に働けることが職場を守り、患者や利用者の安全を守れます。人員などの労働環境を再度、見直し、安全な職場をつくりましょう。
春闘のアンケートに協力ありがとうございました。春闘の団体交渉までは時間があります。感染拡大予防のための意見も組合に知らせてください。よろしくお願いします。

●私たち医療や介護労働者はこの現実に立ち向かわなければいけません。
① 就業前に検温をし、記録をしましょう。
② 37度以上の発熱、咳やひどい倦怠感があれば責任者に報告し、指示を求めましょう。
③ 家族などに風邪症状がある場合も報告し、指示を求めましょう。
④マスク、消毒用アルコールなど感染予防に必要な備品が各職場にいきわたるように確保を求めていきましょう。
⑤労組の申し入れを読み、職場や家庭で話題にし、話し合って下さい。

●医療労働者が職場から声を上げていこう!
新型コロナウィルスの感染拡大の現状、一斉休校しなければ対策できない現状は、医療・介護、教育・保育に十分な予算を取らず、人員を削減し民間に丸投げしてきた結果です。十分な医師・看護師・介護労働者・医療事務労働者が配置されていたら、また公立病院が責任を持って感染対策ができていたら、私たち医療従事者や、患者さん・高齢者の不安はもっと抑えられたでしょう。また学校の教師・給食調理員・事務労働者・用務員さんなどの体制が十分にとれれば、各学校や自治体で、責任を持って対処できたでしょう。政府の無責任な対策で、非正規労働者や「ひとり親世帯」など、弱い人たちに矛盾が押しつけられています。
診てもらいたくても診てもらえない現状、ウィルス検査を制限し感染者の数をごまかしてオリンピックの開催を強行しようとする安倍政権の政策が原因です。
私たち医療労働者こそ声を上げていかないと命も健康も守れません。「新型コロナウィルス対策」の申し入れをしましたが実現するにはみんなで声を上げ続けていく事が必要です。状況を共有して、職員がお互いに理解しあって仕事が出来ることが第一です。諦めないで組合に加入し、一緒に声を上げていきましょう


以下申し入れ文です

新型コロナウイルス対策についての申し入れ
新型コロナウィルスが全世界で猛威を振るい、数多くの人が亡くなられています。日本でも現在1000名の患者が出ており(クルーズ船含む)、山口県でも陽性患者が確認されています。その中には医療従事者が少なからず含まれています。今までも、不十分な人員態勢で体調が悪くても休めない状況がありました。今のままでは、職員は不安を抱えながら働かざるを得ません。この申し入れを考慮して感染拡大を起こさないように、理事会の責任を持った具体的な対策と対応を早急に決めて全職場に周知し、安全に働ける環境の確立をしてください。

(1)有発熱等の風邪症状の有無の確認と追跡を経営・管理責任で行うこと。
1、すべての職員に対し就業時間前の検温をし、風邪症状があるときはその記録がなされること。
2、37度以上の発熱、本人が平熱より高いと認める場合には、各部署の責任者に報告し、感染対策責任者の許可を得て就業すること。
3、就業許可が与えられない場合は、管理命令で休ませ、「感染対策休」として帰宅させること。

(2)発熱の基準と、発熱が見られるときの対応の基準を設けること。
厚生労働省の保健所への事務通達では「発熱など風邪症状がある場合は、会社や学校を休み外出を控える」との厳しい制限で感染拡大を予防するように呼びかけられています。
1、37.5度以上の場合は、自覚症状も含めて責任者に報告し、「感染対策休」として帰宅させること。帰宅後も毎日検温し症状と経過について記録して、4日以内に解熱しても感染対策責任者の許可を得て就業すること。
熱が4日以上続く場合、強い倦怠感や息苦しさがある場合は、広島県が定める相談窓口の「安佐北保健センター」に相談させその結果を感染対策責任者に報告させること。
2、感染対策管理者は、各部署の状況を把握し、1、の状況が、法人内で発生した場合は、速やかに各部署に周知し、対策を徹底すること。

(3)発熱時の対応基準による休みで労働者に不利益が生じないようにすること。
不利益になることで基準が貫徹出来ないことを防ぐことが経営責任で行われない限り、基準の徹底はなされず、感染を引き起こす事態になりかねません。
1、常勤パートに限らず、感染対策休の出勤停止の場合は給与の8割を保証すること。その案内をすること。
2、感染対策休を有給に変更するかは、本人に確認し、本人の申し出にすること。またそ
の案内をすること。

(4)子供や家族の有症状時、休校による事情で休めるようにすること。
保育園・学校、通所介護施設で利用者が発熱した場合、自宅待機が求められている現状に対して職場では、労働者の感染と同等の対応をしていく事が求められています。また、感染拡大予防のために政府の要請で小中高校が休校になりました。これについても対応が必要です。
1、子どもや家族の発熱、風邪症状がある場合は、自宅看護をさせること。看護する職員について感染対策責任者に報告し、看護後の就業については感染対策責任者の許可を得ること。
2、家族の看護・介護での休みの場合には有給の看護・介護休暇がとれるように案内をすること。
3、看護や介護が必要としなくても、同居家族に有症者が出た場合には、感染対策責任者に報告し、就業の可否を判断すること。
4、学校の休校のために、就業が困難な場合は、保護者の休暇を取れるよう調整すること。

(5)新型コロナウィルスに限らず、医療従事者があらゆる感染症の媒介者にならないための就業可能判断の基準と人員体制の保障をすること。
1、就業前の検温を、これを機に管理責任で継続していくこと。
2、発熱時、有症時に体制を気兼ねせずに休めるように、人員体制を見直し「待機」(夜勤の交代要員)があらかじめ取れるシフト体制を確保すること。
3、これまで風邪症状で簡単に休めなかった状況があり、症状悪化や感染拡大の原因になっていたこと、これを機に緑雨会としてきちんと総括し、安全管理の面から対策をしていくこと。
4、人員不足による労働強化で労働者自身が弱っていることを早急に解決していくために、大幅の増員をしていくこと。理事会の判断や配置基準ではなく、「待機」の体制が取れる人員を確保すること。直ちには無理でも「仕方ない」「集まらない」ではなく「どのような手段、方法でいつまでに確保していくのかを示すこと。
5、感染が疑われる患者の来院、診察をしてその後陽性が確認された患者、入院患者の発症について現場の対応や診察への動線、隔離方法などの対策と方針を全職員に周知すること。

(6)発熱者の大量発生時の緊急事態での欠員に備えた業務整理をすること。
1、緊急事態時の欠員に際し、すべての業務を継続させようとしたり、現場の判断で場当たり的に仕事をさせるのではなく、優先させ継続させるべき業務の判断を経営責任で行うこと。
2、上記1の業務のスリム化が常態化しないように、本来必要な業務が略されて継続しないように、その後の業務の再確立を経営管理責任で行うこと。
理事会には高陽第一診療所、新施設の経営をしていく上で、「安全配慮義務」があります。緊急事態が起こる前に対策を打ち、患者、利用者、何よりも全職員の命と健康を守るために緑雨会が早急に対策を立て、いかなる事態にも対応していく事が最優先課題となっています。新型コロナウィルスのこの事態を契機に感染症の対応に万全を期すことをもとめます。

2020年3月5日
高陽第一診療所労働組合

大野義文さん迎え、ユニオン20春闘大成功!


「20春闘勝利! 労働組合のない社会にさせない! 職場から労働運動をつくり出そう!   広島連帯ユニオン春闘集会」 を2月29日に行いました。

2020/03/03

2020春闘で大幅賃上げを! 格差賃金には絶対反対! 広大生協労組


格差拡大の賃金制度改訂には絶対反対

理事会は、正規職員の給与規程の改定と、嘱託職員の賃金改定を検討しています(部内報ネットワーク参照)。私たちは、一部の人だけ優遇する制度には絶対反対です。
 正規職員の賃金改定案は、中四国の他の大学生協と同じようにと説明されています。具体的には何も明らかにされていませんが、年齢給プラス職能給と考えられます。人によって格差をつけて行くということです。格差賃金には絶対反対です。また、生涯賃金が今より下がる人が出てくることも予想されます。
 嘱託職員も、正規職員の30~70%を50~100%に改定しようとしています。一部の人だけが100%とかで優遇され、今より格差が拡大して行くに違いありません。正規職員も、このままでは若い職員は将来設計もままなりません。「どうせまたエコヒイキするんでしょ」という声が、またしても聞こえてきます。絶対反対で闘いましょう!

お気に入りを優遇する嘱託職員の賃金は大問題

  嘱託職員の賃金は、今でもどういう基準で賃金が決められているか全く不明です。同じように働いていても、ある人には早出手当、ある人には店長補佐手当、あなたは50%、あなたは70%という具合です。このたび団体交渉で、早出手当の組合差別をやめさせることを実現しました。私たちは、あくまでも生活給を基本にしたえこひいきのない賃金を求めていきます。
 嘱託職員の賃金を、同一労働同一賃金ということで改定するようです。しかし、2月12日の労働者代表との協議で、今50%の自分は75%とかになるのかと吉山専務に質問したたところ、決してそうではないという答えが返ってきました。ところが、2月28日に受け取った来年度の契約書では、いつの間にか再雇用者は65%になっているではありませんか。まだ団体交渉も継続中で就業規則改定の手続きもされていないのに。これも特定の人を優遇するための改定ではないでしょうか。

同一労働同一賃金なら準職員も嘱託職員も一律大幅賃上げを

 それだけではありません。再雇用の嘱託職員は実に30%もの賃上げなのに、特定業務の嘱託職員ではほんのわずかしか上がらないようです!さらに問題なのは、準職員の賃金改訂です。正規職員や嘱託職員はいつの間にか年度初めに賃上げされるのに、準職員だけはいつも後回しで、最低賃金が改訂されるギリギリになってわずかな賃上げです。同一労働同一賃金と言うならみんな30%以上の賃上げでなければつじつまが合いません。2020年度春闘で大幅賃上げを何としても実現しましょう!

 2/12労働者代表協議の報告

●疾病休暇=準職員・嘱託職員も年20日換算を有給に(20年度から!)
●全土曜休日=引き続き検討
●時間帯手当=8時以前18時以降200円/時を要求(1日500円の人は据置)引き続き検討

2020/03/02

新型コロナ関連労働相談窓口を開設!

広島連帯ユニオンも加入する合同・一般労働組合全国協議会が運営する労働相談ドットコムでコロナウイルス関連の労働相談窓口を開設しました。広島連帯ユニオンでも相談を受け付けます。

労働相談ドットコム 
電話 03-6231-5031
メール info(あっとまーく)rodo931.com
電話は10:30 ~ 20:30(土日も実施中)。メールは24 時間

広島連帯ユニオン
電話 082-873-1446(転送されます)
メール hiroshima.rentai.union(あっとまーく)gmail.com



2020/02/21

「同一労働・同一賃金」「働き方改革」 について学ぶ  働く仲間の学習講座を開催

山本志都弁護士の講演録をもとに学習

評価制度とたたかって勝利した草津病院支部からの報告

広島連帯ユニオン主催「働く仲間の学習講座」の第1回として、『「同一労働・同一賃金」「働き方改革」について知る』を開催しました。「同一労働・同一賃金」を安倍政権の「働き方改革」の総非正規職化の攻撃としてとらえ、労働者がひとつに団結して20春闘を闘う第一歩になりました。

CDSパワハラ解雇撤回!社前闘争やりました

2月20日、3度目のCDS株式会社に対する社前闘争を行いました。「パワハラで不当解雇を撤回させよう」という訴えに、多くの人がビラを受け取っていきました。

2020/02/18

冬季一時金アンケートの声第二段 高陽第一診療所労組


●職場が安全なら利用者や患者も安心!
職場は安全ですか?問題ないですか?今の職場が安全で安心して働くことができている現場はないと思います。その問題や安全ではない原因をアンケートに書いて声を寄
せて下さい。
余裕がなく危険な職場では患者や利用者は安心できません。まずは職場を少しでも安
全にしていくためにアンケートに書いて下さい。余裕をもって安全な職場でこそ、私たち職員もやりがいのある仕事ができて利用者も安心してもらえると思いませんか?そんな職場にしていきましょう!!

●そのためには沢山の声が大事に!アンケートに何でも書いて下さい
一人で思っているだけでは変わりません。でも、その思いが始まりになります。一人が声を上げても小さいかもしれません。でもその声がないと始められません。その声が職場を良くしようとする声なら、必ず同じ思いの仲間がいます。その声を大きくしていけば変えることができる。それを続けることで変えられます。まずはアンケートに安全に仕事をするのに必要なもの、職場の問題を何でも書いて下さい。

●これからの為に職場の問題を考えていきましょう!!
長い間働いている人もまだ働いて間もない人も同じ職場で働く仲間です。診療所と複合施設のこれからを考えるときに第一に取り組む課題は「働き続けられる」という事ではないでしょうか。それは労働環境と直結しています。安全で働けることはその第一の条件ではないでしょうか。まずは自分の職場から安全にしていきましょう!!

冬季一時金アンケートに寄せられた声・・・協力ありがとうございました。(157号の続きです) 
●複合施設と診療所の、休日日数、夜勤・休日手当の差別について、理事会は「できるだけなくすように検討していく」と回答していますが、具体的には、「施設長と相談する」と言うこと以上に進んでいません。 希望や意見をお願いします。

★施設長と相談するとありますが施設長の考えがこの差をなくそうと前向きなのかそうでないのかがとても重要だと思います。どうお考えなのでしょうか?施設長の考えも聞きたいです。
★同じ法人内でこれだけ差がある事がおかしいと思います。 
★診療所と同等にしてほしい。
★同じ職場で働いているので、それぞれの事業所の形態が違うとは思いますがそれぞれの職員が気持ちよく働きやすくしてゆくためにもなるべく同じようにしてもらいたいと思います。職場・職員・利用者様の安心安全の為、職員・職場が互いに協力し合いながら働くためにも

●組合に対して意見を書いてください。
★意見が食い違うこともありますが、労働者の代表として私たちの意見を代弁してくれているところも、理事会に言いにくいことをしっかり伝えてくれていると思うので、がんばってほしいです。理事会の人たちも、これは組合の意見でしょと言わずに真摯に受け止めて、しっかり考えてほしいです。

●あなたが労働者の権利について知りたいことはありますか?
★介護休暇  労働時間と残業  賃金・給与

2020/02/12

冬季一時金アンケートに寄せられた声 高陽第一診療所労組

組合で実施した冬季一時金アンケートに多くの声が寄せられました。

組合の闘いで人事考課の不当な「報復規程」削除を勝ち取る! 草津病院支部

(写真 1・29団交での勝利報告を草津病院門前で配布する組合員)

1・29団交報告
報復のための違法な人事考課規定は撤廃された
組合の取り組みで人事考課制度改定を勝ち取る!

組合の追及でサービス残業調査を実施 広大生協労組

広大生協労組の追及で理事会にサービス残業の調査を実施させることを勝ち取りました。
労働組合の力でサービス残業をなくそう!